vmwareが提供するwebのclientの導入時の注意点

vmwareはどのようなOSのシステムにおいても仮想的に動作をさせることができるものとして多くの場面で利用されているプラットフォームです。その中でも今回新たに発表されたwebのclientはOS環境に依存せずにスムーズにインターネットのサービスを利用することができるとして注目を集めています。従来インターネットのサービスを利用する場合には、使用するパソコンなどのOSに依存して利用できる機能が制限されると言うデメリットがあり、 OSを統一することが求められていましたが、業務の都合なので使いやすいOSを選択した際にサービスのメリットを十分に生かすことができないと言う問題があり問題を生じてしまうケースもありました。今回のサービスはこの問題を解決するとして期待されています。

導入することによるメリットは何か

webのclientを利用する目的は、現代のシステム構成の主流がサーバーとクライアントの構成が非常に多いことによります。サーバーとクライアントの構成が優れている点は、1台のサーバの中にデータを格納しておくことによって、必要な時に必要な端末からデータへのアクセスが可能になり、管理がスムーズに行える点があります。さらにデータを守ると言う意味でも一元化されていることから管理が楽だと言うメリットもあります。そのため従来のように個別にデータを保存する場合に比べメリットが大きいとして広く利用されています。しかし様々なOSを利用することの多い端末側においては、端末側のOSに依存するデータの閲覧の上には大きな課題となります。vmwareのwebのclientを利用することで、 OSに依存する問題が解決できると言う点が大きなメリットになっています。

導入にあたって注意すべき点にはどのようなものがあるか

vmwareのwebのclientは OSの上に独自の環境を仮想的に構築することで、 OSに依存せずに全く同じ動作をするように見せることができる画期的なものです。そのためどのような端末であっても同じように利用できると考えられる面が多いですが、その導入にあたっては端末のリソースに充分注意をする必要があります。vmwareの特徴の1つとして、動作を高速化するために既存のシステムリソースを基本的にそのまま利用すると言う側面があります。通常の画像システムの場合には画像的に自分の利用する仮想空間を構築することも多いのですが、これを既存の環境をそのまま利用し仮想的に動作すると言う点から、端末のシステムリソースに大きく影響を受ける欠点があります。そのため、そのリソースの少ない端末を利用する場合には動作確認などを十分に行ってから利用することが必要です。