vmwareがリリースするwebのclientの導入方法

vmwareは、仮想化環境を提供すると同時に、様々な方法で仮想環境にアクセスしたり、管理したりする事が出来るようになっています。仮想化環境を構築する事で、複数のOSを使ったコンピューター環境やサーバ環境を運用する事が出来ますので、それぞれの仮想マシン上でOSに対応したソフトウェアを使う事が可能です。web clientは、仮想化環境をWebブラウザからコントロールする事が出来る仕組みであり、特別なクライアントソフトを起動せずに、いつも使っているWebブラウザから仮想化環境の管理を行えますので、ユーザーにとって管理画面をコンピューターの中から探すといった作業を行わずに済むので便利です。導入には一定の前提条件がありますので、その条件に合わせる必要があります。

仮想化環境をWebブラウザで管理するには

仮想化環境をWebブラウザから管理するには、vmware vSphere web clientを導入します。この仕組みを導入するには、vCenter Single Sign Onをインストールしていて、Inventory ServiceとvCenter Serverがインストールされており、クライアントソフトとvCenter Serverが同じvCenter Single Sign Onサーバに登録されていて、全てのブラウザが閉じている事が導入する際の前提条件になります。インストーラーは、vCenter Server メディア内にあるautorun.exeを起動する事で使えるようになります。インストーラーの指示に従って、インストール作業を進めていきます。インストールをしたら、Webブラウザでクライアントにアクセスするか、OSのメニューから該当するソフトウェア項目をクリックして起動させます。vmware web clientのURLをブラウザでブックマークしておく事で、容易にアクセス出来るようになります。

Webクライアントの導入で使いやすくなる

従来は、C#言語で開発されたクライアントソフトを使って仮想化環境の管理を行っていましたが、vmware web clientを導入した事によって、従来のクライアントソフトは廃止されました。Webクライアントを使う利点は、UIをWeb技術やFlash/Flexにする事で、条件が揃っていれば、ユーザーの環境を問わずに同じように設定画面を表示する事ができ、必要な機能を使える事です。最新のOSでは、標準搭載されているブラウザがHTML5やCSS3に高いレベルで準拠している為、仮想化環境を管理する設定画面クライアントもWeb UIを使う事で管理がしやすくなっています。C#で開発されていた機能は、新しいクライアントにもほぼ全て搭載されていますので、従来通り仮想化環境を管理する事が可能です。